江戸時代の性病

昔、江戸時代に
遊郭で働いていた女性は〇億円という大金を
貰って働いていたそうです。
このいう事は前に調べて分かったのですが、
でも、この遊郭で働く人は性病とかに
かからなかったんですかね?
現代は性病を防ぐ手段は沢山あるのですが、
江戸時代には性病を予防する手段が
何も無いじゃないですか。
だから、今回は江戸時代の性病を調べてみます。
すると、梅毒という性病が蔓延していた
という事が分かりました。
梅独にかかると遊女は別室に隔離されて、
遊女は病気に苦しみながら、自分の髪の毛が
抜け落ちていくのにじっと耐えていたそうです。
どんな気持ちで一人で隔離されていたのでしょう?
遊女の気持ちを想像するだけで悲しくなります。
しかし、どんな時代も女性は強いです。
梅毒に掛ると妊娠し辛くなる…という噂が流れて
梅独にかかる事が一人前の証。
という開き直りで更に他のお客様の相手をして、
梅独を更に多くの人間に感染させたようです。
やはり、いつの時代も性病は怖いですね。
予想通り性病の対策が出来ていない江戸時代の方が
性病は猛威を振るっていたようです。
皆さんも【神戸】デリヘル呼ぶなら風俗情報「デリエッチ神戸」
遊ぶ時は性病に気を付けて安全に遊んで下さいね。
女の子も働くときは風俗 求人 デリヘル 高収入 アルバイト フーゾクGirlsTalkで安全なお店を見つけてください。